10月
21

小説家を目指すなら電子書籍で作品を手掛けよう

小説家になるためには出版社へ持ちこみ、どうにかして編集者の方に評価してもらう必要があります。しかし大手になればなるほど持ちこみは厳禁だと言われていますので、自ずと中小出版社のみが対象となるでしょう。ところが会社の規模が小さくなれば、それだけ注目度も低くなるわけです。よって現代では新人賞や有名な賞を獲得することでしか、デビューするキッカケもないと言えるでしょう。

そこでオススメなのが電子書籍です。特に漫画市場はその規模を急速に拡大しているため、ライバルも多くなりますが有名漫画家になることも夢ではありません。また漫画という1つの市場が開拓されているということは、今後、小説というジャンルにも注目が集まると推測できますので今から作品に携わっておくといいかもしれませんね。

■ブックスペースで小説家デビュー

小説家を目指す人に対して専用のページが用意されています。ブックスペースは電子書籍業界においても私たち個人を対象にしたサービスを展開しています。もちろん有料販売によって売り上げを支払ってもらえる仕組みがありますので、趣味を活かしながら本格的に小説家として活躍したい人にはベストな会社だと言えます。

また小説家のなり方を学び、実際に作品を制作して人から評価を受ければ現在の立ち位置も確認できるでしょうから、小説家へのなり方が分からない時やモチベーションアップに活かしてみてください。